FC2ブログ

Bright and Beautiful

大好きな動物のサイトをご紹介しています。 馬を中心に犬や猫のケアやグルーミングのことなど。 
  

What is Radiation 's Effect on Horses? 放射能、馬への影響は?

Bright and Beautiful 
英語のサイトを紹介しています


grazing horses



エスカドロン ピカーの商品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
エスカドロン ピカー 2011 スプリング サマーコレクション発表されました!
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE




今回のサイトのリンクです→ theHORSE.com



Japan's Nuclear Troubles: What is Radiation's Effect on Horses?
日本の原発問題:放射能が馬に与える影響とは?

by: Stacey Oke, DVM, MSc
March 22 2011, Article # 17971


In the wake of the fourth explosion at the Fukushima nuclear power plant following the March 11 earthquake and tsunami, concerns continue to mount in regards to how much radiation could be leaking from the power plant and how it could impact the health and well-being of the area's residents. High doses of radiation can lead to radiation sickness in humans, but what types of effects might they have on horses?

3月11日に日本を襲った地震と津波により、福島原発において四度に渡る爆発が起きた、原子力発電所からいかなる量の放射能が漏れているのか、そしてそれが地域住民の健康にどの程度の影響を与えるのか懸念は増すばかりである。 放射能を大量に摂取した場合人間は放射線病になることがあるが、馬にはどんな影響が出るのであろうか?

Scientists note that in humans severe radiation exposure will have one of three effects:

・Proves fatal within hours;
・Causes certain delayed but fatal effects (such as bone marrow suppression or death from septicemia); or
・Causes negative, yet treatable, gastrointestinal disorders (e.g., diarrhea).

専門家によると高濃度の放射線物質に長時間晒された人間は、次の3つのうちひとつの症状になるという:

・数時間のうちに生命の危険を生じる;
・すぐにではないが致命的な影響を受ける(骨髄抑制や敗血症による死亡など);
・陰性で治療可能な胃腸疾患(下痢など)。


What this means for horses residing near Fukushima is less clear, but according to Nathan L. Dykes, DVM, Dipl. ACVR (radiology), senior lecturer from the College of Veterinary Medicine at Cornell University in Ithaca, N.Y., the radiation's impact on area horses is likely minimal.

福島にいる馬達の状況ははっきりしていないが、N.Y. イサカのコーネル大獣医学上級講師ネイサン L. ダイクス博士(放射線医学)によれば、福島の馬達に放射能が与える影響は最低限に押さえられそうだ。


"I don't believe that the radioactive exposure levels are high enough outside the reactor buildings to cause either early or delayed 'radiation sickness,'" he suggested. "(The horses) would have to be within the exclusion zone of highest radioactivity to be affected directly."

「原子炉建屋の外側の放射線被爆レベルは早期にしろ後期にしろ”放射能疾患”を生じさせるほど高いとは思えません」と言うが、「最高濃度の放射線が検出される立ち入り禁止区域に(馬が)いるのであればじかに影響を受けることになるでしょう」とも言っている。


Rachel Pollard, DVM, PhD, Dipl. ACVR, associate professor of diagnostic imaging at the University of California, Davis, School of Veterinary Medicine, Department of Surgical and Radiological Sciences added, "I am not sure that there is much literature about radiation sickness in horses specifically; however, the effects are likely the same as other species and are completely related to the dose the animal receives. The long-term effects are unknown, but I would suspect (exposed) horses would be more prone to cancer despite the relatively low incidence of cancer in horses."

カリフォルニア大デービス校獣医外科放射能科学の画像診断准教授であるレイチェル・ポーランド博士がこう付け加えている、「馬に特化した放射線疾患の知識は充分とは言えません、でも、影響は他の種族と同様であり、影響とはその動物が受けた放射能の量によるのです。 長期間に渡る影響はわかっていませんが、馬の癌の確率は低いとはいえ放射線物質を浴びると癌になりやすくなるのではないかと思います」


According to Dykes, the amount of radiation the horses are exposed to depends on several factors:

・Proximity to the accident (horses closer to the power plant will have a higher likelihood of radiation exposure than those further away);
・The air they breathe (the difference between being housed indoors and outdoors, for example); and
・The food they eat (grazing on pasture exposed to radioactive fallout vs. stored forage).

ダイクス博士によると、馬が受けた放射線物質の量は幾つかの要因によって決まるという:

・事故との近接さ(原発の近くにいた馬は遠くの馬よりも被爆の可能性が高い);
・吸った空気(小屋の中にいたか、外にいたか、など);および
・摂取した食べ物(放射能を浴びた草を食べたか、もしくは保管してあった飼料だったのか)。


"I suspect that if animals are kept indoors and their forage is pre-disaster, then they are at no higher risk (for radiation sickness) than the people in the area," Dykes said. "If they are outdoors, closer to the event, and eating food from the ground, then their risk is greater. We could be looking at thyroid gland disease or tumors if the dose is high enough. But unless they are within a zone of extremely high radioactivity, these animals would not get radiation sickness as an acute event."

「動物たちが屋内にいてその飼料が事故前から保管してあったのであれば、地域の人たちより(被爆の)危険は少ないと思います」ダイクス博士は言う。 「もし戸外で、事故のそばにいて、地面から草を食んでいるのなら、危険はいいきくなります。 被爆量が大きいと甲状腺疾患や腫瘍を発症することがあります。 でも立ち入り禁止区域外にいる限り、急性の放射能疾患になる危険性はないでしょう」


 

*皆さんの乗馬クラブや国、地域によって名称も異なることがありますので、訳はあくまでも、このサイト
にのみ適応することをご了承ください。


エスカドロン ピカーの商品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
ご注文金額に応じてでピカーソックスやエスカドロントリーツなどプレゼント!
エスカドロン ピカー 2011 春夏コレクション 発表されました!
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE


ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます
 

あなたのクリックで救える命があります

東北地震犬猫レスキュー.com
<東北関東大震災 緊急支援クリック募金1 Click Animalsへ   クリックで救える命がある。    Click to Protect Threatened Wolves
The Animal Rescue Site
スポンサーサイト

2011/03/25(金) 06 59:01 | | トラックバック 0 | コメント 1
次のページ

プロフィール

PAM

Author:PAM
FC2ブログへようこそ!

ピカー エスカドロンの乗馬用品扱っています。
とにかく動物が大好き。
専門は英語と法律だけど、日米でミュージシャンしてました。
通訳・翻訳のお仕事も募集しています、コメント欄から非公開でお問い合わせください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

ASPCA

英検1級単語ドリル 黒猫版


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright ©Bright and Beautiful All Rights Reserved