FC2ブログ

Bright and Beautiful

大好きな動物のサイトをご紹介しています。 馬を中心に犬や猫のケアやグルーミングのことなど。 
  

How To Quickly Stop Dog Barking  犬の無駄吠えを止める

Bright and Beautiful 
英語のサイトを紹介しています


grazing horses



エスカドロン プラチナエディション2013 今年も出ました!
乗馬用品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
エスカドロン ピカー 2013春夏コレクション予約開始!
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE
P_silver+cloth+on+the+ride+PLATINUM_convert_20120827065753.jpg

       
    

ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます



今回のサイトのURLです→ theinternetpetvet.com


How To Quickly Stop Dog Barking
犬が吠えるのを速やかにやめさせるには
By Dr. Andrew Jones | May 11, 2012
医師アンドリュー・ジョーンズ

Dog barking is a very common behavior problem that causes serious grief for pet owners. It irritates the neighbors, scares away the postman, leads to neighborhood unrest, and occasionally lawsuits. In this article you will learn why dogs bark and the causes of inappropriate barking. You will find why the debarking surgery is never advised and is considered unethical. I will advise you on what not to do, then you will find the most important solutions to quickly stopping your dog’s barking at home.
犬が吠えるのは、オーナーにとって悲しくもある一番の共通の悩みでしょう。 ご近所をいらいらさせる、郵便配達の人を怖がらせる、近隣住民が落ち着けず、裁判沙汰にまで発展することもあります。 今回の記事をお読みになれば、犬が吠える理由およびなぜ適正でない吠えをするのかがお分かりになるはずです。 吠えさせない(声帯切除)手術が倫理的でなく、奨励されない理由も分かるでしょう。 これからわたしがオーナーさんにアドバイスするのは、すべきでないこと、です、犬の吠えを直ちにやめさせる最高の解決策がお分かりになるはずです。

Barking is a completely normal behavior; great for dog communication, guarding and protecting, but a big problem when it happens too much. Finding the cause of the excessive barking is key, as we can focus on this as well to help eliminate the problem barking. Some of the common dog barking reasons: play, giving a warning, from anxiety or fear, in response to the door bell, to keep visitors of your property, or in some cases just boredom. Some dogs will bark in confined spaces ( ie a kennel), being outside in response to other dogs, or just in response to environmental noise ( ie cars, people talking etc.).
吠えるということは犬にとって全く普通の行動で、コミュニケーション、警戒、また身を守るために必要な行動ですが、あまり頻繁に吠えるのは大きな問題となります。 何故過剰に吠えるのか、その原因を突き止めることが大きなカギとなり、その原因に焦点を当てることで無駄吠えを止めさせる助けとなるのです。 普通、犬が吠えるのは、遊び、警告を発する、心配や恐怖から吠える、ドアベルに反応する、領内に入った人を留まらせる、あるいは、単に退屈から吠えることもあります。 閉じ込められて(たとえばケージ)吠える犬もいますし、外にいて他の犬に応える犬も、また騒音(たとえば車や人の話し声など)に反応する場合もあります。
Military_dog_barking.jpg
Debarking,or ventriculocordectomy is a veterinary procedure in which the dog’s vocal chords are surgically removed. The procedure is outlawed as a form of mutilation in the United Kingdom and all countries that have signed the European Convention for the Protection of Pet Animals. The surgery carries risks, such as anesthesia, excessive bleeding, secondary infections and proliferation of scar tissue obstructing the airway. Barking is how dogs communicate, and this procedure deprives them of this basic means of expression. I fully agree with the European ban on debarking surgery, and advise that you never consider this unethical procedure as an option for your dog.
吠えさせない手術、つまり喉頭声帯切除術とは、犬の声帯を外科的に切除する獣医外科医療行為です。 この医療行為は、切断の形式として英国、その他ペット動物保護のための欧州会議に調印したすべての国々で非合法とされています。 この切除手術には麻酔、過度の出血、二次感染や気道を閉塞させる瘢痕組織増殖など、リスクが伴います。 吠えることは犬のコミュニケーション手段であり、声帯切除は犬の基本的な表現方法を取り上げてしまうことになります。 わたしとしては声帯切除手術に対する欧州の禁止令に全面的に賛成であり、オーナーさんたちがこの非倫理的な切除手術をあなたの愛犬に行うなどと考えないことを強くお勧めします。

So what should you not do that most people do?
では、多くの人がしてしまうことで、何をしなければよいのか?

First quit yelling at your dog to ‘Stop Barking’ or ‘Be Quiet’; in fact this may actually lead to more barking. Your dog is getting attention when he barks, and some dogs find that this attention is better than non at all. Shock collars are painful, and can actually make your dog more aggressive toward the person or other dog that they may be barking at. Do not give your dog positive attention immediately after barking, such as saying ‘good dog’ when he finally comes after calling him for 10 times.
まず、「吠えるのをやめなさい」とか「静かにしなさい」と犬に叫ぶのを止めてください、実際のところ、この行為が更に吠えさせてしまうのです。 吠えることで注意を引きます、犬によってはこの注意を引いたことをよしとするのです。 ショックカラーは痛みを伴います、ですからこの痛みによって更にアグレッシブになり、人や他の犬に吠えかかることもあります。 犬が吠えた後すぐに好意的なアクションはしないでください、10回も呼んだ後にやっとやって来た犬に「いい子ね~」などと言わないでください。

What works then to stop your dog from barking?
それでは、吠えるのをやめさせるには何が効くのか?

The most important way to start is to go back to dog training basics and teach your dog to come when called. Start when you can almost guarantee that your dog will come, not when they are barking. Begin anywhere with no other distractions, and use tasty treats as a positive reward. Always ensure that positive reward is given every time your dog comes when called, never anything negative. If your dog runs out after a neighbor barking, and will not come, go get him as opposed to calling to come at first. You want to set it up that every time you call, he comes, and then gets rewarded with positive attention, petting, and a treat.
手始めにすることとして一番大切なことは、ドッグトレーニングの基本に立ち返り、呼んだら来るように教え込むことです。 今なら来るだろうとほぼ保証できるときに始めてください、吠えているときではだめです。 障害になるようなものがないときに始めて、好意的なご褒美としておいしいおやつを使ってください。 呼んだ時に犬が来たら毎回ご褒美をあげること、否定的な行為をしたときはあげないことを徹底してください。 犬が吠えた後外へ走って出てしまって戻って来ないときは、まず呼び戻すより捕まえに行ってください。 そしていつでも呼べば、来る、そして好意をもって迎えられる、撫ぜてくれる、おやつがもらえる、こういったルーティーンを確立しましょう。

The next step in using training to stop barking is to call your dog to come when they are barking. When he comes, give him positive attention and a treat; you want to pet him which will lower his anxiety, decreasing adrenalin which is part of the cause of the barking. Keep the pattern of call, come, praise give a treat, and pet him consistently every time there is barking you want to stop.
トレーニングをして吠えるのを止めさせる次のステップとしては、吠えているときに犬を呼ぶことです。 呼んでこっちへ来たら、好意を示して、おやつをあげます、撫ぜたりして犬の不安を取り除きます、吠えの原因のひとつであるアドレナリンを下げることになります。 呼ぶ、来る、ほめておやつをあげる、このパターンを決めてください、そして吠えいるのをあなたの命令でやめたら頻繁にしっかり撫ぜてあげてください。

Keep your dog away from the places where he barks- in other words set him up for success. If your dog constantly barks when you leave him outside, then avoid these triggers by keeping him inside, especially while you are retraining. If the barking is in response to your doorbell, then remove the doorbell. Make it a priority to never let your dog bark constantly while being outside, and if the come when called command isn't working, immediately bring your dog inside.
吠える場所から離す - つまり、成功できる環境を作ってあげること。 例えば、外に出した時に吠え続けるのなら、屋内に置くことで吠えるきっかけを回避してやるのです、特にトレーニングをやりなおしているときは効果があります。 ドアベルに反応して吠えるのであれば、ドアベルをはずす。 外にいるときに吠え続けるのであれば、犬を吠え続けさせないことを最優先で考えてください、呼べば来る、のコマンドが効かなければ、直ちに屋内につれてきてください。

Adequate exercise is one of the big keys to resolving many canine behavioral problems; this gives your dog a purpose, and allows them to better regulate their own emotions. Incorporate the come when called training command while walking, and make it a priority to exercise your dog for at least 30 minutes twice a day. Have them retrieve or run as this elevated heart rate helps produce the calming, sedating hormones that can lead to less barking.
適切な練習が犬の行動問題を解決する大きなカギとなります;つまり、練習を重ねることで、犬に目標を与え、感情の抑制がよりよくできるようになります。 散歩と「呼ばれたら、来る」コマンドを同時に練習すること、一日少なくとも30分運動させることを最優先させてください。 心拍数が高い時にリトリーブ(物を取ってくる)や走らせると、落ち着かせる効果があり、ホルモンの分泌を抑え吠えが少なくなります。

Bark spray collars, such as the citronella spray collar, can be helpful if your dog resists training, and is outside unsupervised for short periods of time (and still barks). The collar emits a spray of non toxic citronella in response to the noise of the barking, and causes most dogs to immediately stop. Some of the problem dogs at the animal shelter adjacent to my veterinary practice responded well to the citronella collar; it stopped their barking at the grumpy neighbor, and did not make them in any way aggressive ( except of course to that grumpy neighbor).
シトロネラカラースプレーのような吠え対策スプレーカラーも、犬がトレーニングをしたがらないときや、短時間監視がない状態で外にいるとき(吠え続けている場合)には効果があります。 このカラーは、吠える音に反応して無害のシトロネラを霧状に放出するもので、殆どの犬は瞬時に吠えるのを止めます。 私の獣診療所に隣接するアニマルシェルターの問題犬たちはこのシトロネラカラーがよく効き、気難しいご近所さんに吠えるのを止めましたし、このカラーで犬たちが何らかの形で攻撃的になることもありません(例の気難しやのご近所さんは別ですが)。

A type of therapeutic touch, called Tellington Touch may help your barking dog. The most effective area is the ear. Gently hold the ear flap between your thumb and forefinger. Gently stroke from the base of the ear to the ear tip; repeat the motion several times covering different sections of the ear. Use the same fingers to draw tiny circles at the base of the ear. Try both of the techniques on your dog when he is calm. If he reacts well, then try it the next time he is barking.
テリントンタッチと呼ばれるタッチ療法のひとつも吠える犬の助けになります。 一番効果の上がる部分は耳です。 親指と人差し指で優しく犬の耳を持ちます、耳の付け根から先まで優しく撫でます、耳の違った部分も全部をカバーできるよう何回も撫でてください。 同じ指で耳の付け根部分を小さな円を描くようにする。 犬が落ち着いているときにこのテクニックを両方試してみてください。 犬の反応が良ければ、次に犬が吠えた時に試してみてください。

There are a number of over the counter anti-anxiety supplements. The most popular one is one called Calm Pet, which contains Melatonin, Kava Kava, St John’s Wort, Valerian and Chamomile. Use as directed on the label. Bach Rescue Remedy is a very safe alternative medication that may calm your anxious pet. Place 4 drops on your pet’s gums prior to leaving.
売薬(処方箋なしで買える薬)で抗不安剤は多数あります。 一番人気のあるものはカームペットというもので、メラトニン、カバカバ(リラックスさせるハーブの一種)、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ・抑鬱効果のあるハーブの一種)カモミールが含まれています。 ラベル
に書いてある指示通りに使用してください。 バッチレスキューレメディは非常に安全な代替療法で不安なペットを落ち着かせます。 ペットのもとを離れる前にペットの歯茎に4滴落とします。

Dog barking really can be controlled, especially when you understand why your dog is barking. The causes are varied, but ultimately you must accept that it is a normal dog way of communicating; your dog just needs to bark when it’s appropriate. Debarking or ventriculocordectomy is a dated unethical veterinary surgery that can cause harm and should never be considered as an option. Go back to basic training, starting with teaching your dog to come when called. Consider the use of a citronella spray collar if your dog is outside unsupervised, then look at trying some of the holistic anti-bark options in conjunction with training.
犬の吠えというのはコントロールできるものなのです、特になぜ吠えているのかが分かればコントロールは可能です。 犬が吠える原因は様々ですが、結局のところ犬がコミュニケーションを行うごく普通の手段として受け止めなくてはいけないものです、犬は適切な時に吠える必要があるのですから。 吠えさせない手術、声帯切除手術は前時代の非倫理的外科手術であり、害もあり選択肢として選ばないでください。 基本トレーニングに立ち返り、呼んだら来ることを教えることから始めてください。 シトロネラスプレーカラーの使用を考慮するのは、犬が外にいて監視できない状態のときです、そしてトレーニングと併用で吠えないためのホリスティック療法を試してみてください。

Dr Andrew Jones, DVM
獣医学博士 アンドリュー・ジョーンズ


おまけ
Dolphins Help Save Dog from Drowning!
イルカが溺れた犬を助ける!

posted by TheCosmosNews


*皆さんの乗馬クラブや国、地域によって名称も異なることがありますので、訳はあくまでも、このサイトにのみ適応することをご了承ください。


乗馬用品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
ご注文金額に応じてでピカーソックスやエスカドロントリーツなどプレゼント!
エスカドロン ピカー 2013春夏コレクション予約開始!
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE


ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます


ワンちゃんねこちゃんのほか馬、牛の救助もなさってくれています。

悲惨な状況のなか一頭でも多く救われますように。 本当にありがとうございます。
被災動物の救護のため奔走してくださっています。 毎日の最新情報をこちらから。
「犬猫救済の輪」動物愛護ドキュメンタリー

愛に溢れた写真家のもうーすさんが被災動物の救援に何度も現地入りしてくださっています。
優しさと強さに感動します。ありがとうございます。
私も買わせていただきました、「のこされた動物たち」東日本大震災の被災動物たちのいのちの記録です。
うちのとらまる



あなたのクリックで救える命があります
東北関東大震災 緊急支援クリック募金1 Click Animalsへ   クリックで救える命がある。    Click to Protect Threatened Wolves
The Animal Rescue Site
  
スポンサーサイト

2013/05/27(月) 16 22:22 | | トラックバック 1 | コメント 1
次のページ

プロフィール

PAM

Author:PAM
FC2ブログへようこそ!

ピカー エスカドロンの乗馬用品扱っています。
とにかく動物が大好き。
専門は英語と法律だけど、日米でミュージシャンしてました。
通訳・翻訳のお仕事も募集しています、コメント欄から非公開でお問い合わせください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

ASPCA

英検1級単語ドリル 黒猫版


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright ©Bright and Beautiful All Rights Reserved