FC2ブログ

Bright and Beautiful

大好きな動物のサイトをご紹介しています。 馬を中心に犬や猫のケアやグルーミングのことなど。 
  

How to Care for Your Horse in Winter 冬のケア

Bright and Beautiful 
英語のサイトを紹介しています


grazing horses




乗馬用品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
エスカドロン ピカー 2013-2014 秋冬コレクション発売中。
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE
PLATINUM.jpg
       
    

ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます




今回のサイトのURLです→ wikihow.com


How to Care for Your Horse in Winter
馬、冬のケア
Edited by Haflinger Babe, Ben Rubenstein, Vivek Kumar Rohra, Edge and 19 others

Caring for horses attentively through winter will help to ensure that they get through the season with relatively few problems. Horses are reasonably hardy in cold temperatures and grow a winter coat for additional warmth. All the same, care still needs to be taken to ensure that they cool down properly after being ridden, that they're not subjected to drafts, and that they're being fed properly through the winter months.
寒い間、注意して馬の世話をすることで馬たちは問題なく冬を過ごすことができます。 馬は低い温度に耐える耐寒性のある動物で、冬期間は温もりを得るため冬毛が伸びます。 同様に、騎乗の後は適正にクールダウンさせる、隙間風を防ぐ、冬期間に渡る適切な飼いつけ、などのケアも必要です。

Steps
670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-1.jpg
1. Focus on the horse's housing first.
When preparing the stable or barn for winter, ensure that the horse's quarters are clean, warm, well ventilated and free from drafts. Clean bedding is a priority and regular changes of the bedding should be prioritized. Remove anything that might injure or tempt the horse, such as low-hanging lights, nails sticking out, toxic cleaning substances, etc.
・If your horse is wintering outdoors in a temperate winter climate, be careful of rain. Wet cold is far less tolerable than dry cold, and you should consider blanketing your horse, as well as ensuring that there is access to some form of shelter such as a shed, to allow the horse to get out of the rain.
1. 厩舎の点検
厩舎や納屋を冬仕様に準備する場合、馬房は清潔で、暖かく、通気が良いうえで隙間風を防がなければなりません。 清潔な敷き藁やオガ粉は不可欠で、定期的に清潔な敷き藁に交換することが絶対必要です。 馬が怪我をしそうなもの、例えば低く垂れ下がったライトや、とび出た釘、毒性のある洗浄剤など、全て取り除いてください。
・冬の間も屋外で過ごさせる場合、雨には気を付けてください。 練れた寒さは乾いた寒さより、はるかに耐えがたいものです、馬着を着せたり、屋根を設けるなど何らかの屋内で雨に当たらずにすむ方法を考えてください。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-2.jpg
2. Know how to care for a horse that is ridden during winter.
Riding in winter brings up two issues – preparing the horse adequately for the ride, and cooling the hot horse down safely in the cold after the ride, and the following steps will deal with preparation, riding, and post-riding. Be aware that there is no temperature bar to riding a horse, provided your horse has adapted to the temperature (which requires regular outings) and it's not too cold for you. Fierce cold winds are not ideal for riding, nor are severe thunderstorms or blizzards, so use your common sense when judging the riding conditions. It is extremely important to take good care of your horse's hooves in the winter, because the mud can cause serious thrush, and well trimmed hooves have a better grip on icy surfaces than neglected hooves do!
・Aim for four to six hours weekly of riding during winter. This is especially important if you're a competition rider, as well as ensuring that young horses get used to the work required of them.
・Plan well ahead. Winter means longer driving times, longer preparation times, and shorter days. Be aware of the time constraints affecting your ability to ride your horse and care for him.
2. 冬季の乗馬馬の世話
冬に騎乗する場合、気を付けることがふたつあります - 乗馬のために適切な準備をすること、そして騎乗後、暑くなった馬を低温の中でいかに安全にクールダウンさせるか、ということです、以下のステップで準備、騎乗、騎乗後を安全に行いましょう。 馬が温度に対応できるのであれば(通常の騎乗ができれば)、馬に乗るのには温度制限はありません、自分が寒すぎなければ良いでしょう。 強すぎる北風は理想的な騎乗コンディションとは言えませんし、激しい雷や吹雪の時も良くありませので、騎乗するときは自分の常識を働かせてください。 一番大切で不可欠なことは、冬のあいだ、馬の蹄の手入れを怠らないことです、泥で蹄叉腐爛を起こしたりしますし、きちんと削蹄してあれば、滑りやすいところでもそのグリップ力は手入れしていない蹄に比べると格段の差があります。
・冬の間、週に4~6時間の騎乗を目標としましょう。 競技会に出場するライダーにとってはとても重要なことですし、若い馬にとっても必要とされるレッス量涼に慣れてもらうのです。
・計画は前もって立てておきましょう。 冬になると運転する時間も、準備も長く掛り、日が落ちるのが早くなります。 時間的制約によって騎乗能力や馬のケアに影響が出ないようにしてください。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-3.jpg
3. Prepare your horse for riding.
Even before you get your horse ready for riding, check the terrain and pasture where you plan to ride your horse. Look for ice or deep mud hazards that could cause your horse to slip or trip and make plans to avoid those areas. Add de-icing agents such as salt or sawdust to slippery zones around the stable and tacking areas, gateways and doorways, etc. In terms of the horse:
・Warm the bit before you tack up. Run hot water over it, or use a non-toxic hand warmer gel. If you don't have access to either, remove the bit from the bridle and put it in your pocket close to your skin as you prepare everything else. You can also breathe on the bit to warm it.
  ・Another alternative is to use a sweet iron bit; this isn't as harsh and doesn't become as cold as normal steel.
・Clean out your horse's hooves well. Add a layer of non-stick cooking spray or petroleum jelly to your horse's hooves; this will prevent balls of ice and snow from forming in the hooves.
・Groom your horse. This is not only good for warming the horse's muscles, but serves as an excellent warm-up workout for you too.
・Consider using an exercise sheet to prevent the horse’s muscles from becoming cold while riding. This is especially important for a clipped or thin-skinned horse, or a horse that as been restricted to a stable. Use it while tacking up as well as riding.
3. 乗馬の準備
馬装に入る前に、騎乗する地面や馬場の状態をチェックしてください。 凍り付いた地面や深いぬかるみなどで馬が滑ったり転んだりしないように、そのような状態の馬場は避けてください。 塩やオガ粉などを厩舎や洗い場、馬場の入り口等の滑りやすくなっている場所に撒くのも一つの方法です。
馬のためには
・馬装前にハミを温めておいてあげるのもよいです。ぬるま湯をかけたり、化学物質を使用していないハンドウォーマージェルを使います。 どちらも使えない状況にあるときは、ハミを頭絡からはずして自分のポケットに入れておきます、肌に近いところに入れておけば他の準備をしている間に温まっているはずです。 息を吹きかけて温めることもできます。
  ・(オーリガンのような)スィートアイアン製のハミを使うのも良いです、口当たりが柔らかく通常の鋼鉄製のハミのように冷たくなりすぎません。
・蹄の手入れは丁寧にしましょう。 こびりつかないクッキングスプレーやペトロリウムジェリーで層を作ると蹄の中に氷や雪玉ができにくくなります。
・グルーミングをすると馬の筋肉を温めるだけでなく、自分のウォームアップにも最適です。
・騎乗にエクササイズシートを着用させると、馬の筋肉が冷たくなるのを防いでくれます。 毛刈りした馬や皮膚の薄い馬、戸外で運動していない馬には、とりわけエクササイズシートは必要です。 騎乗中だけでなく、馬装中にも使います。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-4.jpg
4. Tack up.
Find a clear, clean spot to tack up, where it is not muddy or icy and has good footing. The same requirements apply to the riding area itself.
4. 馬装
障害物がなく清潔な場所で馬装を行います、泥や氷がなく、足場の良い場所で行ってください。 乗馬を行う馬場と同じ条件です。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-5.jpg
5. During riding, take care about where you choose to ride.
Pitfalls for riding during winter are varied depending on whether you're riding in snow or in more temperate muddy, cold temperatures. Things to watch out for include:
Deep snow, especially where it conceals holes, tree wells, and crevices where your horse could slip down.
Ice. Any ice is potentially dangerous as your horse has no grip or traction.
Mud. While a little mud is fine, a lot of mud can cause the horse to become bogged, or to trip. Mud can also conceal objects that might harm your horse. Large areas of mud are best avoided.
Wet slopes. Take care riding a horse down a wet slope, as it is easy to lose grip, especially when going fast, and moving over wet stony or rocky areas.
Never canter or gallop your horse in snowy, muddy, icy, or slick terrain.
5. 騎乗中に行ってはいけないところ
冬期間に行う乗馬での注意点は雪のある場所なのか、或いは温度が比較的高く泥だらけの場所なのかで変わってきます。 以下のことに注意しましょう。
深い雪、特に、見えない穴、樹木の根元の雪が融けているところ、地面や岩の割れ目がある場所では馬が転ぶ危険があります。 
氷。 どんな氷でも滑り止めのない馬にとって危険です。
泥。 ほんの少しの泥であれば大丈夫ですが、大量の泥であれば馬が埋まったり転んでしまいます。 泥の中には怪我をするようなものが沈んでいることもあります。 泥だらけの広い場所は避けるべきです。
濡れた坂道。 濡れている下り坂、特にスピードが出ているときは非常に滑りやすいので細心の注意が必要です、濡れた石や岩場での移動も同様に注意してください。
積雪、泥、氷、つるつるしたところで駆歩、襲歩は絶対にさせないこと。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-6.jpg
6. Post riding, cool down your horse properly.
This is a time when the horse can get a chill, moving from being very hot and sweaty, to being cold. The following procedures form an important part of sensible post-riding care during winter:
If his ears are hot, walk him around a bit. Feel his ears again. They should be cool, not cold nor hot. Cold ears mean a cold horse.
Dry your horse. A wet horse should be dried after riding in winter; there can be snow, rain, and sweat combining to make for a very wet horse. Take a towel in each hand and rub the towels over his coat in circular motions. Roughing the hair up will help dry it faster. If your horse is used to a blow dryer, you might consider using this as well.
Brush off snow. Any snow that has attached to your horse (especially his legs) should be brushed off. Try to do this outside to prevent taking it indoors where it can melt and become slippery.
Clean the hooves out and apply another layer of non-stick cooking spray or petroleum jelly to the hooves.
Brush or curry your horse once he is dry. This will separate the hairs and help to keep him warm, as body heat warms the air between the coat and skin.
If adding a blanket, make sure it is a breathable blanket that allows water vapor to pass through.
6. 騎乗後、馬をクールダウンさせる
運動で暑くなり、汗をかいたあと、馬は寒くなります。 冬の間、以下の手法で、騎乗後のケアをしてください。
馬の耳が熱くなっていたら、少し歩かせて落ち着かせる。 再度耳の温度を確かめ、ひんやりしていることを確認してください、冷たすぎても、熱すぎてもいけません。 冷た過ぎる耳は、馬が寒がっているしるしです。
馬を乾かす。 冬場の乗馬後、馬が濡れていたら直ちに乾かしてください、雪や雨、汗などで濡れてしまいます。 両手にタオルも持ち、円を描くように擦って拭いていきます。 鬣など、ざっと結ぶのも手早く乾かす助けになります。 ドライヤーに慣れている馬なら、ドライヤーを使うのもよいでしょう。
雪を払い落とす。 どんな雪でも馬体に着いていたら(特に肢)ブラシで落としてください。 雪落としは外で行い、雪を屋内に持ち込んで、溶けた雪で滑ったりしないようにします。
裏堀りを行い、蹄油やペトロリウムジェリーなどで蹄に層を作る。
馬体が乾いているときにブラシやカリーコームをかける。 毛の縺れをほぐすことで体が寒くなりません、毛と体の間に空気の層ができて暖かくなります。
馬着を着せる場合は、必ず呼吸を妨げない素材のものを選び、水分が蒸発できるようにしてください。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-7.jpg
7. Return your horse to his stables, barn, or field.
Ensure that there is adequate food and water. Give him hay to eat, as eating roughage warms him quickly, releasing heat as it's digested.
Be sure to check that the drinking water supplied is not frozen. Horses will drink more water if it is warmed, reducing their risk of colic brought on by dehydration.
Bank your horse's bedding up against any doors that lead out to the pasture so drafts don't chill him.
For horses in temperate winter zones, ensure that there is still access to shelter even when they're left outside, such as a lean-to shed or a grove of trees.
7. 馬を厩舎、馬房、フィールドに戻す
適切な飼い餌、水が用意されていることを確認してください。 乾草を与えます、粗飼料の摂取は体に熱を与え、消化により熱を放出します。 
飲み水が凍っていないか確認してください。 暖めてあげると馬はより多くの水を飲みます、脱水によって疝痛が引き起こされるリスクを減らすためにも十分な水を与えてください。
放牧場等へ通じるドアには敷き藁などを積み上げ、隙間風を防ぎましょう。
寒冷地にいる馬たちには、屋外にいるときでもシェルターのような屋根のある場所にアクセスできるようにしてください、差し掛け小屋でも木立ちでも構いません。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-8.jpg
8. Be sure to give horses kept in stables or barns plenty of outdoor time during winter.
This helps to keep them healthier because they breathe fresh air and can adjust to the temperature changes on a regular basis.
Encourage lots of movement and exercise to keep warm; this is how horses keep warm in the wild.
8. 屋内繋留の馬に戸外での運動を充分にさせる
いつも屋内にいる馬たちに戸外での時間を充分取らせると、新鮮な空気を吸い、定期的な温度変化に適応することで、より健康的な馬でいられる助けになります。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-9.jpg
9. Be careful with using blankets to keep your horse warm.
Realize that when you touch a horse with your bare hands in winter, it will feel cold to you. On the other hand, the horse's coat and body heat will be doing a wonderful job of insulating the horse, keeping the warmth directed into the horse, and your bare hand cannot feel this. Dr Joyce Harman recommends that blankets only be used on horses with special needs, such as clipped horses, old horses, sick horses, thin horses, rescued horses, horses which seem cold by nature, and horses without shelter. Young, fit, sheltered horses probably don't need blanketing.
If you do use a blanket, keep using it, as the horse adapts its temperature regulation to wearing a blanket.
Keep in mind that your idea of cold is not your horse's idea of cold; don't add too heavy a blanket, or too many.
Wet cold is worse than dry cold for horses. Blankets are important to prevent rain from making horses too cold.
9. 馬着の扱い
冬に素手で馬の体に触ってみてください、冷たいはずです。 その一方で、馬の毛と体温は素晴らしい働きをしており、外気から馬の体を遮断し、馬体を暖かく保っています、人間の手ではこれを感じ取ることができません。 ジョイス・ハーマン医師は、馬着が必要なのは特定の馬のみだとしています、毛刈りをした馬、年取った馬、病気の馬、痩せている馬、レスキューされた馬、生まれつき寒がりの馬、そしてシェルターのない馬です。 若く、健康でシェルター完備の馬には馬着は必要ないかもしれません。
馬着を着せるのであれば、着せ続けてください、馬は馬着を着ている温度調節に慣れてくるためです。
心に留めてほしいのは、自分が感じる寒さと馬が感じる寒さが異なるということです、あまりにも厚手の馬着を着せたり、何枚も重ねないことです。
濡れて寒いときは、乾いて寒い時より条件が悪くなります。 馬が寒くなりすぎないよう、馬着で馬を雨や濡れた雪から守ってあげてください。

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-10.jpg
10. Be aware of possible winter ills.
Just like us, horses get sick during winter and it's important to know what to be on the lookout for, and how to manage the problems that human intervention can cause.
Horses are susceptible to respiratory illnesses during winter. The ammonia build-up, mold, and dust inside barns and stables can bring on a variety of respiratory illnesses. Do your best to prevent this by ensuring adequate ventilation and giving your horse plenty of outdoor opportunities to breathe in fresh air. Clean out stalls regularly.
Horses are also susceptible to skin conditions during winter, such as rain-rot, bed itch, ringworm, lice, and infected scratches. Keep the horse clean, groomed, and medicated appropriately. Be careful not to blanket a wet horse or to use blankets that do not breathe but cause moisture build-up. See your vet promptly for treatment of skin ailments.
11. 冬に罹りやすい病気
人間同様、馬も冬に病気にかかります、何に注意を向けるか、人間の介入によって引き起こされた問題にどのように対処するかが大切です。
冬の間、馬は呼吸器疾患に罹りやすくなります。 厩舎や馬房内にはアンモニアが立ち込めたり、カビやほこりが様々な呼吸器の疾病を引き起こす誘因になります。 適切な換気を行いできる限り罹患を防ぎましょう、十分な時間を屋外で過ごさせ新鮮な空気を吸わせてあげます。 馬房は定期的に掃除していつも清潔に保ちます。
また冬期間は上皮炎(デルマトフィルス症、白癬、ダニ、感染症など)にもかかりやすくなります。 馬はいつも清潔にして、グルーミングを欠かさず、必要な時は投薬をします。 体が濡れているときは馬着をきせないように、また、通気性の良くない馬着の使用はやめてください、湿気がこもってしまいます。 皮膚に何かトラブルが起きた時はすぐに獣医師に相談してください。 

670px-Care-for-Your-Horse-In-the-Winter-Step-11.jpg
11. Spend time with your horse during winter.
Even when the weather is foul and bleak, be sure to sit with your horse in the shelter and talk to him, groom him, and just be with him. He'll appreciate your company and it keeps the two of you connected. It will also help you to look forward to the better winter riding days, and the warmer days to come.
Keep a regular grooming time in place during winter, no matter what the weather.
If you can't get to your horse as often as you'd like because of winter conditions on roads, etc., have someone else check in on your horse regularly to make sure he's fine.
11. 馬との時間を過ごす
天候が悪く荒れた時でも、厩舎に行って馬との時間を過ごしてください、話しかけ、グルーミングをし、ただ一緒にいるだけでもよいのです。 あなたと共に過ごす時間を馬は楽しみ、絆が深まります。 次の雪の騎乗も、暖かくなってからの乗馬も楽しみになります。
どんな天候であっても、グルーミングの時間を定期的に取ってください。
路上条件などで、思うように馬に逢いにいけないときは、誰かに代わりに馬の様子をみてもらってください、馬が元気でいるように定期的にチェックしてもらいましょう。

Tips.
・Make sure your horse has access to clean, fresh drinking water and forage all the time.
・For you: wear layers of clothing. Your inner layers should wick. You'll sweat too when mucking out the stables, riding, and working with your horse. And take water for you when riding; it's harder to feel dehydration coming on during winter but it's as real an issue as any other time of the year, so keep your fluid intake up.
・Trim any fetlock hair to prevent mud fever.
・Horses use up body fat to keep themselves warm, consider using a under -rug vest under his turnout rug if he's in the field. Feed your horse high fiber hard feed if your horse drops weight in the colder months.
・Tack should be dried in a warm, dry area out of direct sunlight. Be sure that it is not somewhere damp, or mildew can start to grow on the leather.
・Turn your horse out in turn out boots to keep his legs clean and dry.
・If your horse is still hot when you hop off, and you have cooled them off as much as you can, consider buying a fleece cooler to put on them after the ride to keep them warm and help them cool down a bit (slowly, as cooling the muscles too quickly can cause problems)
・Use sawdust on mats, trailers, and entrance ways to prevent slippage in icy and snow conditions.
・Feed horses extra hay and some grain to replace their usual pasture and help them keep themselves warm.
・If your horse becomes sweaty when being ridden, consider having him clipped.
・Peanut oil on the outside of the hooves keeps them sturdy and retain their moisture in the winter.
・Use a bit of baby oil in the horse's mane and tail. This helps to keep it looking cleaner and shinier.
・Don't wash your horse more than two times with warm water.
ヒント
・馬がいつでも新鮮な水と粗飼料が食べられる状態しましょう。
・騎乗者はウェアを重ね着しましょう、インナーは汗を逃がすものにします。馬房の掃除や騎乗、レッスンなどで汗をかきます。 水分も忘れずに摂りましょう、年間を通して脱水症状にならないように気を付けてください。
・繋(球節)の毛を刈り、沼地熱((泥による疾患)を防ぎます。
・馬は体温を保ツために脂肪を燃焼させます、戸外にいる馬は馬着の下にアンダーラグを着せてもよいでしょう。 寒い季節に馬が体重を落とすようであれば、高繊維の固形飼料を与えてください。
馬送品は良く乾かし、直射日光を避けた暖かい乾燥した場所に保管してください。 湿気のある場所に保管すると、皮革部分にカビが生えてきます。
・放牧の時にはターンアウトブーツを履かせ、肢を汚れから守り濡れさせない。
・騎乗後にクールダウンさせても、まだ馬が暑がっているときは、フリースクーラーなどで温めながらクールダウンさせるのもよいでしょう(ゆっくりとクールダウンさせること、急激に冷やすと筋肉に支障が起こります)。
・寝床、馬運車、通路などにオガ粉を巻き、滑らないようにする。
・通常の牧草に代え、体温維持のために多めの乾草や穀物を与える。
・騎乗すると汗をかくのであれば、毛刈りも考慮に入れる。
・蹄の外側にピーナッツオイルを塗ると頑丈になり冬でも水分を保つ。
・少量のベビーオイルを鬣や尾に使用するときれいに見えて輝きが増す。
・馬はぬるま湯で二度以上洗わない。

Warnings.
・Some horses try to protect their owners and themselves by avoiding mud puddles and ice, be aware of this and be careful that they don't catch you off guard.
・Horses that are stabled for long periods are more likely to be frisky. Lunge them before you ride if they seem to be hyper.
・Greasing a horse’s soles, helps, but doesn’t totally prevent snow balling. Check the hooves regularly during the ride.
・Always wear the correct safety gear, including helmet and boots.
・Hard, frozen ground it puts more stress on the horse’s legs. Avoid high-impact work.
・Horses have a hard time walking, trotting, cantering, and galloping through snow. Watch how you are riding so your horse doesn't become tired in 5 minutes.
・Be sure to check your tack before you start riding. You don't want to be riding in the far fields and find out that you stirrup leather is about to break!
・Do not feed a horse too much grain as they can colic from it.
・Be vigilant about barn, stable or shed safety. Don't overload electrical circuits using kettles, heaters, machinery, lighting, etc. and be sure there are no dangling cords that can be tripped over or chewed.
・Put down salt at the yard to prevent ice forming.
注意点
・馬の中には騎乗者や自分自身を守るため、泥の水たまりや氷を避ける馬がいます、こンな時は注意して油断しないように。
・長い間馬房に入れられていた馬が外に出られると、陽気にはしゃぐことがあります。 元気すぎるときは、騎乗前に少し戸外に出しておきましょう。
・蹄の裏ののグリーシングはある程度効果がありますが、雪玉を完全に防ぐものではありません。 騎乗中も度々点検してください。
・ヘルメットやブーツなど、セーフティギアは常に身に着けること。
・硬く、凍りついた地面は馬の肢に負担がかかります。 強い衝撃を与える動きはさせないこと。
・並歩、速歩、駆歩、襲歩、どれも雪の中では重労働です。 騎乗の仕方に注意し、馬をすぐに疲れさせすぎないこと。
・騎乗前に馬装用具をちゃんと確かめましょう。 遠くに出かけてから鐙がちぎれそうになっていた、なんてことがないように。
・疝痛を起こす要因になるので穀物は与えすぎないこと。
・納屋や厩舎などの安全に万全を期すこと。 バッテリー、ヒーター、機械類、電燈等の使いすぎで回路がオーバーヒートしないように注意してください、また、絡まったコードで転んだり、噛んだりされないように注意が必要です。
・馬場が凍りつかないよう塩をまくこともあります。

Things You'll Need
□Heating
□Fresh straw for bedding
□Safety cupboard for anything toxic so that it cannot be accessed by horses
□Cooking spray or petroleum jelly
□Salt, sawdust, etc., for icy ground
□Hoof cleaning equipment
□Winter riding gear
□Horse grooming gear
リスト
□ヒーター
□寝床用新しい藁
□危険物(薬品など)を格納する扉付き棚
□クッキングスプレーまたはペトロリウムジェリー
□塩、オガ粉など、凍り付いた地面に撒くもの
□冬用の乗馬品
□グルーミング用品


おまけ
Winter Wonderland at Hillside
ヒルサイドアニマルサンクチュアリー・ある冬の日

posted by Hillside Animal Sanctuary


*皆さんの乗馬クラブや国、地域によって名称も異なることがありますので、訳はあくまでも、このサイトにのみ適応することをご了承ください。


乗馬用品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
ご注文金額に応じてでピカーソックスやエスカドロントリーツなどプレゼント!
エスカドロン ピカー 2013-2014秋冬コレクション発売中!
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE


ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます


ワンちゃんねこちゃんのほか馬、牛の救助もなさってくれています。

悲惨な状況のなか一頭でも多く救われますように。 本当にありがとうございます。
被災動物の救護のため奔走してくださっています。 毎日の最新情報をこちらから。
「犬猫救済の輪」動物愛護ドキュメンタリー

愛に溢れた写真家のもうーすさんが被災動物の救援に何度も現地入りしてくださっています。
優しさと強さに感動します。ありがとうございます。
私も買わせていただきました、「のこされた動物たち」東日本大震災の被災動物たちのいのちの記録です。
うちのとらまる



あなたのクリックで救える命があります
イーココロ!クリック募金  1 Click Animalsへ   クリックで救える命がある。    Click to Protect Threatened Wolves
The Animal Rescue Site
スポンサーサイト

2014/02/17(月) 01 46:58 | | トラックバック 0 | コメント 0
次のページ

プロフィール

PAM

Author:PAM
FC2ブログへようこそ!

ピカー エスカドロンの乗馬用品扱っています。
とにかく動物が大好き。
専門は英語と法律だけど、日米でミュージシャンしてました。
通訳・翻訳のお仕事も募集しています、コメント欄から非公開でお問い合わせください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

ASPCA

英検1級単語ドリル 黒猫版


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright ©Bright and Beautiful All Rights Reserved