FC2ブログ

Bright and Beautiful

大好きな動物のサイトをご紹介しています。 馬を中心に犬や猫のケアやグルーミングのことなど。 
  

Winter Horse Training 冬のウォームアップ

Bright and Beautiful 
英語のサイトを紹介しています


grazing horses




乗馬用品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
エスカドロン ピカー 2016秋冬コレクション予約開始しました。 ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE
12075091_1095663887124969_5534303228721776193_n.jpg
順次発表になります
お問い合わせください       
   

ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます




今回のURLです → euroexciser.com


Winter Horse Training
冬のウォームアップ
Posted by EuroXciser on December 4, 2013


Winter-Rider-620x430.jpg


Starting Cold: Winter Horse Training Tips
As those of us in colder climates know, harsh winter weather can sometimes make riding unpleasant. While exercising and training your horse in cold weather, it is important to take extra care to ensure your horse is comfortable and adequately warmed to reduce the risk of injury.
皆さんご存知のように、厳しい冬の天候では乗馬が心地よくないこともあります。 寒い季節の馬のトレーニングや練習では、怪我のリスクを減らすためにも、馬が快適で充分に温まっているよう特別に配慮しましょう。

Stretching is a simple and effective way to loosen up your horse prior to exercise and training. Although this is good practice year round, it is especially beneficial in cold temperatures. There are four primary stretches to consider implementing before putting your horse to work.
ストレッチは、練習やトレーニングの前に馬をほぐす、シンプルで効果的な方法です。 ストレッチは一年を通して効果的な準備運動ですが、気温が低い時には特に利点があります。 馬を運動させる前に行う4つの基本的なストレッチを紹介いたします。

The first is called the “carrot stretch”. Use a carrot to stretch your horse’s neck both left and right. Then bring the carrot to his chest and down between his legs. Let your horse nibble a little of the carrot each time he does a full stretch.
最初にご紹介するのは「キャロットストレッチ」というもので、ニンジンを使って馬の頸を左右にストレッチさせるものです。 その次にニンジンを馬の胸に持っていき、更に前肢の間に下げます。 全てのストレッチごとにニンジンを少しづつ食べさせてあげましょう。

neck1-e1386049085719-225x300.jpeg

neck2-225x300.jpeg

There are two different simple back stretches. I recommend trying both, initially, to learn which stretch your horse responds to best. One type of back stretch is the “belly lift”. Use a firm object, such as the blunt handle of a hoof pick, and run it along the midline of the belly with slight upward pressure. The horse should respond by lifting his back. Repeat this two to three times. See below left picture.
背中のストレッチにはシンプルなものが二つあります。 両方試してほしいのですが、馬がどちらに良く反応するかやってみましょう。 背中のストレッチの一つ目は「ベリーリフト」です。 しっかりした硬い物、例えばフーフピックの尖っていない持ち手部分を、お腹の中央線に沿って少し上向きに圧をかけ走らせます。 馬はそれに反応して背中を持ち上げます。 2~3回繰り返します。 下の写真を参考にしてください。 
belly-lift-e1386050062628.jpg
The second type of back stretch is called the “butt tuck”. Again with a blunt object- this time one in each hand- apply slight pressure at the rump with your hands on either side of the back bone, and run down the back of the hindquarters. Be careful when performing either back stretch as sometimes the horse may kick out, especially one with a sore back. Talk to your horse, stand close, and apply increasing pressure slowly. See below right picture.
バックストレッチの二つ目は「バットタック」と呼ばれるものです。 ここでも尖っていないもの - 今回は両手にひとつづつ - 背骨の横側に両手を置き、腰に少し圧をかけます、そして後肢の後ろに沿って走らせます。 蹴られることもあるので、両方のバックストレッチを施すときは注意してください、背中が硬い馬には特に注意が必要です。 馬に話しかけながら、近くに立ち、ゆっくりと圧を増やしていきます。 下の写真を参考にしてください。
butt-tuck-e1386050150857.jpg

Next, stretch each of the front legs. Holding the front leg, stretch forward and down for about five seconds. Now, holding the leg level just behind the carpus (“knee”), rotate the leg in a small circle toward the other leg two to three times. Repeat both these stretches with the other front leg.
次は、前肢のストレッチです。 片方の前肢を持ち、5秒ほど前方と下にストレッチします。 次に肢を前膝の高さに上げ、もう片方に肢に向かって小さな円を描くように2~3回まわします。 もう片方の肢も行います。 
front2-300x225.jpg
front1-e1386050558882-225x300.jpg
rear1.jpeg
To stretch the back leg, pick up the leg and gently stretch back, then forward, then across the belly towards the other leg. Hold each stretch position for about five seconds before moving to the next position. Again, repeat with the opposite leg. It is imperative not to over-stretch the legs as this can cause strain on the muscles, ligaments, or tendons. A gentle pull until the leg naturally stops is all that is needed.
後肢のストレッチは、後肢を持ち上げ、優しく後ろへ向けて伸ばし、次に前へ向けて、それからお腹を横切るようにもう一方の肢の方向へ動かします。 次のポジションへ移る前に、それぞれのポジションで5秒ほど保ってください。 もう片方の後肢も同じように行います。 筋肉や靭帯、腱に緊張や負担を起こすこともあるので、くれぐれもやりすぎないように気を付けてください。 肢を優しく引いて自然に止まるところが適切な範囲です。
rear2-300x225.jpeg
rear3-300x225.jpeg

Another great way to beginning warming up your horse before you get on to ride is to use a Back On Track Mesh Sheet or Fleece Sheet. The Back On Track sheets are designed to reflect the horse’s body heat back onto him, heating up the muscles in the shoulders, back, and butt. They are great for horse’s with sore muscles, those in heavy training, and those with cold backs. A good alternative to a Back On Track sheet is to use a heating pad on the back for about 10 minutes prior to exercising.
騎乗する前の馬のウォーミングアップでバックオントラックシートやフリースシートを用いるのも良い方法です。 バックオントラックシートは馬体の熱を馬に返し、肩、背中、尻の筋肉をヒートアップさせるものです。 筋肉痛の馬や、激しいトレーニングを行う馬、背中が冷たい馬に効果があります。 バックオントラックシートの代わりに、ヒートパッドをレッスンの前に10分程度背中に当てるのも良い方法です。 

Even after stretching and heating the back, it is critical to slowly and thoroughly warm up your horse. Allow time for the rest of your horse’s body to warm up in unison for superior performance and to prevent injury, especially to tendons and ligaments. It is best to start with a cooler on your horse at a forward, working walk for at least five minutes or more, depending on how cold it is and how stiff your horse might be. When starting at the trot, start at a long and low steady pace before asking for a collected or extended trot.
ストレッチ行ったり背中を温めても、馬のウォームアップをゆっくりとしっかり行うことは不可欠です。 卓越したパフォーマンスを行うため、また怪我を防ぐために、ほかの部分にも調和のとれたウォームアップに時間をかけましょう、特に腱や靭帯には充分なウォームアップが必要です。  寒さや馬のこわばりに応じて少なくとも5分、またはそれ以上クーラーラグを着せて並歩で歩かせるのがベストでしょう。 速歩で始める場合、収縮速歩や伸長速歩に移る前に時間をかけてゆっくりと安定したペースで行います。   

Giving your horse adequate time to warm up at his own pace will keep him happier and healthier. It may help an especially back sore horse to warm up with you off his back in a two-point position or standing straight up in the stirrups. On especially cold days or for horses that tend to be chilly, a fleece quarter sheet can help keep your horse warm, loose, and comfortable.
馬のペースに合わせ十分な時間をかけてのウォームアップは、馬が喜びますし、健康にも効果があります。 ツーポイントポジションでの騎乗や、鐙に立ち上がってのウォームアップは、特に背中の筋肉痛の馬に効くことがあります。 
特に寒い日や、寒がる馬には、フリースのクォーターシートを用いると、馬が暖かく、強張らず、快適に過ごせます。

It is just as important to properly cool your horse off as it is to warm him up. You can never put a horse away that is hot or sweaty as this can lead to serious health problems. After exercising, it is good practice to again let your horse trot long and low to stretch out his back and neck. Once at the walk put the cooler back on and walk at a relaxed pace for 10-15 minutes. This will allow the heat the leave the muscles slowly. Using a horse walker or hot walker is the best way to cool off your horse safely and efficiently in all seasons.
ウォームアップをするのと同じく、適切にクールダウンさせるのも重要です。 体が熱くなって汗をかいている馬をそのまま放置しては絶対に駄目です、深刻な健康問題を引き起こすことになりかねません。 レッスンの後は、背中や頸をストレッチさせるべく、長めにゆっくり速歩をさせます。 もう一度クーラーラグを掛け、リラックスしたペースで10分から15分、並歩をさせます。 これにより筋肉から熱がゆっくり抜けていきます。 どの季節を通じても、ホースウォーカーやホットウォーカーを用いると安全にクールオフさせることができます。

After this cool down period, if your horse is still sweaty you can either hand walk him or put him in his stall to dry off with a fleece or wool cooler or dress sheet. Rubbing the sweaty areas with a towel will speed up the drying process. Also, placing an Irish Knit beneath a cooler puts a pocket of air between the horse and the cooler, which will help a sweaty coat dry more quickly. Once dry, you can proceed with your regular grooming routine and put blankets back on if your horse has them.
クールダウンが終わっても馬が汗をかいているような場合、引馬をしたり、フリースやウールのクーラー、あるいはドレスシートを着せて馬房にもどし汗を乾かします。 タオルで汗をかいているところを拭いてあげると早く乾きます。 クーラーの下にアイリッシュニットを重ねると、馬とクーラーの間に空気のポケットが出来、汗ばんだ毛が早く乾きます。 馬体が乾いたら、通常のグルーミングを行い、ブランケットを着せます。

Regardless of weather or season, it is important to care for your horse’s legs by wrapping after especially hard training sessions. In the winter, I tend to stay away from poultice as it is already so cold. Instead, I spray liniment or a 50/50 mix of wintergreen rubbing alcohol and witch hazel (which works just as well as store bought liniment) on the legs prior to applying standing bandages. Spraying liniment or 50/50 on sore muscles will also make your horse more comfortable and ready for work the next day. For horses with sore feet, packing the feet at night will greatly help to eliminate the soreness.
天候や季節に関わらず、厳しいトレーニングの後は肢をラッピングしてケアしてあげることが大切です。 冬の間、私は湿布をしません、そのままですでにとても冷たいですから。 その代わりに、湿布のスプレーか、ウィンターグリーン塗布用アルコールとウィッチヘーゼル(お店で買った湿布薬のように効きます)を半々に混ぜたものを、厩舎用肢巻きの前にスプレーします。 湿布スプレーや上記のミックスを筋肉痛の箇所にスプレーすると、馬は心地よく、次の日のレッスンに臨むことができます。 肢の疲れた馬には、夜に肢のパックをすることで、疲れを劇的に軽減できます。

Horses require an extreme amount of commitment and care in all seasons. Each season requires a little extra specialty care. Follow these tips and both you and your horse will be sure to have a warm, happy and healthy winter season
馬には季節を通じて、予想を超えるような献身とケアが必要です。 季節ごとにちょっとした特別なケアが要求されます。 上記のヒントで貴方もあなたの馬も、暖かく幸せで、健康的なウィンターシーズンを過ごしてください。



ぼくも冬毛になったよ
DSC_0440_convert_20151124201855.jpg



*皆さんの乗馬クラブや国、地域によって名称も異なることがありますので、訳はあくまでも、このサイトにのみ適応することをご了承ください。


乗馬用品をヨーロッパからお取り寄せいたします。
ご注文金額に応じてでピカーやエスカドロンの商品をなどプレゼント!
エスカドロン ピカー2015-2016秋冬コレクション予約中!
ショップへ → GRACEFUL RIDING DRESSAGE-STYLE


ランキング参加しています →  人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 応援ありがとうございます



あなたのクリックで救える命があります
イーココロ!クリック募金  The Rainforest Site  クリックで救える命がある。    Click to Protect Threatened Wolves
The Animal Rescue Site
スポンサーサイト

2015/11/24(火) 20 24:58 | | トラックバック 0 | コメント 0

プロフィール

PAM

Author:PAM
FC2ブログへようこそ!

ピカー エスカドロンの乗馬用品扱っています。
とにかく動物が大好き。
専門は英語と法律だけど、日米でミュージシャンしてました。
通訳・翻訳のお仕事も募集しています、コメント欄から非公開でお問い合わせください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

ASPCA

英検1級単語ドリル 黒猫版


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright ©Bright and Beautiful All Rights Reserved